MENU

肝硬変による腹水や黄疸、末期などの症状について

スポンサーリンク

肝硬変という病気があります。
肝硬変は、様々な病気を起こす原因になります。
また肝硬変自体も肝機能に障害を起こす病気ですので非常に注意を払う必要があります。
ではこの肝硬変とはどのような病気のことなのでしょうか?
肝硬変は、慢性的に肝炎の症状が続くことで、肝硬変になるというものです。
この肝硬変の原因としては、ウイルスが原因のものやアルコールが原因のも、免疫が原因、薬物、胆汁が原因、血液、栄養、代謝障害、感染症と多く要因から発症することがわかっています。
日本人では肝硬変になる方はウイルスが原因の方が1番多く、次にアルコールという順番になっています。
肝硬変は自覚症状がほとんど表れない病気です。
また血液検査を行っても、異常が見られないことがほとんどです。
そのため、潜在的に肝硬変になっている方が多くいらっしゃいます。
肝機能障害が進むと、肝臓の予備能力が低下してきて肝硬変になります。
肝硬変が進むことで、全身に倦怠感が起きます。また脱力感や、疲れやすい体になります。
他にも、尿の色が濃くなり、吐き気、嘔吐、腹痛、おなかが張った状態が続くと言うことがあります。
消化に関わる器官に症状が多く出ることがあります。

スポンサーリンク

この症状だけでは肝硬変の症状と完全に言い切ることはできません。
症状がさらに重度化してくると、黄疸や腹水、吐血といった症状が現れます。
他にも、皮膚の中で出血が見られることがあります。
これは肝硬変として特徴的な症状になります。
肝硬変の検査に関しては、特徴がある特殊な検査という物はなく、血液検査とCT、レントゲンなど画像とを見比べて総合的に判断を行います。
肝硬変は死に繋がる病気であり、肝臓がん、肝不全や血管の破裂が起こるということで、死亡に至ることがあります。
治療に関しては、生活習慣の見直しを行うことが多いです。
食事の見直しや、禁酒、疲れを溜めない生活を送ると行った事を指導されます。
また黄疸、腹水が症状としてある場合には、入院を行うことがあります。
薬物療法もあるのですが、肝硬変自体に効果がある治療薬という物は有りません。
肝臓の壊死がひどい場合には、外科手術を行い原因である部位を切ると言うことがあります。
肝硬変が起こると様々な合併症を起こることが確認されています。
そのため、日頃の生活から見直しを行い普段から肝硬変が起こるのを防ぐ必要があります。
また、自覚症状が無いと言うことが利ますので、なおさら注意を払って頂きたいと思います。

スポンサーリンク