MENU

肝硬変の食事のメニューはどのようなものがいいのでしょうか?

スポンサーリンク

肝臓といえば、多くの細胞によりなる体内では最大の臓器に当たる場所になります。
その機能というのも体にとって非常に重要なものとなっています。
・代謝
・解毒の作用
・胆汁の生成および分泌
上記のような働きを行っています。
また沈黙の臓器という名前でも有名であり、異常が起こってもなかなか気づかないという事が多い臓器でもあります・
そんな肝臓の疾患として肝硬変がありますが、病院で適切な治療を受けることが必要になります。
また入院中は食事も重要となります。
少しでも回復をサポートするためのメニューが考えられています。
肝硬変患者の食事に関しては、食欲が非常の人よりも少なくなり、消化機能が低下していると言うことから栄養バランスがしっかりと考えられた食事にするということが大切になります。
肝機能の損害の程度も異なっているので、さまざまな合併症の可能性も高くなります。
また損害の程度によっても食事制限やメニューが異なります。
しかし基本的なことは糖分やタンパク質やカロリーが高い食べ物、また低脂肪の食べ物だけを摂取するというのは避けるようにしなければいけません。

スポンサーリンク

肝硬変患者の食事で気をつけなければいけない点は次のようになっています。
基本的に決まった時間に決まった量を食べると言うことが大切になります。
ここで気をつけなければいけないのは熱いものを食べるという点です。
熱いものを食べてしまうと出血する可能性が高くなるので、熱すぎるものは避けます。
消化機能が衰えているので毎回の量を普段よりも少なめに心がけます。
その分回数を増やすようにします。
腹水がたまっているというようなときにはさらに量を減らします。
代償期の場合にはタンパク質を補充しなければいけません。
血液中のタンパク質の成分を高めることで肝臓が脂肪に浸潤されるのを防ぐという効果があります。
魚や赤身の肉や大豆製品などがおすすめとなります。
注意として、肝臓の状況によってはたんぱく質の取り過ぎはアンモニアの生成の原因になり、肝性脳症の原因になることがありますので注意をしてください。
医師にしっかりと相談して状況に合わせたメニューを取るようにしてください。

スポンサーリンク