MENU

肝硬変の患者が便秘になる原因っていったいなぜなの?

スポンサーリンク

肝臓というのは、非常に元気で回復をしやすいとう臓器です。
そして、栄養分解を行ったりする代謝や解毒や食事の消化に関わるなど様々な働きを行っています。
この元気な臓器でも病気になることがあり、主に有名なものとしては「肝硬変」というものがあります。
さまざまな原因によって生じてしまった慢性的な肝炎が治癒することなく、炎症と再生を繰り返すことによって肝臓の血管や組織が破壊されてしまい肝臓が小さく、そして硬くなってしまう病気のことを肝硬変といいます。
この肝硬変の原因として考えられているのは、自己免疫性、アルコール性、ウイルス性のものなど実に多岐にわたっていますが、身体の内部で徐々に肝硬変が進行していたとしても、肝臓の異常に自分で気付くことはないため、黄疸や身体のだるさなどの諸症状が現れてからやっと肝臓に異常があることに気付くケースがほとんどです。
そのため、定期的に人間ドックに通うなど常日頃から自分の身体の状態をチェックしておくことが大事になってきます。

スポンサーリンク

肝硬変患者には、その症状としてさまざまな兆候が現れますが、肝臓の機能が低下している人の場合、有害な物質を身体の外へ排出するという肝臓のデトックス機能が発揮することができず、長期的に便秘をしてしまうケースが多く見られます。
長期的な便秘は身体の中に有害物質が蓄積されてしまう原因となるので、さらに肝臓の機能が低下してしまいます。
また、蓄積された有害物質は血液の中にも溶け込むようになり、それが脳にまで運ばれて脳に深刻なダメージを与えることもあります。
そのため、少しでも便秘になる原因を取り除く目的として、日常の食生活を野菜中心のものに変えていく努力が必要になってきます。
特に野菜の中でも繊維質が多く含まれている物を中心に食べていくことで、排便をしやすい体内環境を整えていくのです。

スポンサーリンク