MENU

アルコールが原因の肝硬変はむくみなどが出る前の治療が重要です

スポンサーリンク

肝硬変という病気はお酒を過剰に飲む人に多い病気です。

 

初期症状があまりないのが特徴で、体重激減や食欲不振、腰痛、発熱、疲労などの症状が出た時はすでに中期になっています。

 

お酒を飲む人は定期的に健康診断を受けて、肝臓の様子を把握しておく必要があります。

 

症状が進むと、黄疸や腹水や足のむくみが出始めます。

 

原因はアルコールですが、その他にも飲酒方法や性別、遺伝的要素、栄養状況などが関係してきます。

 

飲酒方法で良くないのは大量に一気のみするケースです。

 

また飲酒の習慣のある女性の方が男性よりも肝硬変になりやすいのです。

 

予防方法としては規則正しい生活を送ることと、飲酒の量を決めて守ることです。

 

またアルコール度が低いものに変えても効果はあります。

 

スポンサーリンク

肝硬変が悪化しないように、むくみや黄疸が出る前に治療をすることが大切です。

 

肝硬変は手術などの外科的治療の他にも栄養支持、薬剤治療、漢方などの治療が行われます。

 

最近注目されているのは、病院での処方薬と併行して漢方による根本的な治療を行うケースです。

 

現行の投薬治療では胆汁の流れを良くしたり、利尿剤で排尿を促したり、栄養素を摂取するなどの対症療法を行っています。

 

しかし漢方を導入することによって、肝硬変の進行を遅らせ、末期症状に至らないように抑えることができるのです。

 

完治するのが無理な病気なので、漢方を併用することによって症状を遅らせることができるのは非常に大切です。

 

アルコールが原因とわかっている病気なので、本来なら自分で飲み方を制御して発病を抑えるべきなのです。

スポンサーリンク