MENU

肝硬変の腹痛などの初期症状について知っておく

スポンサーリンク

肝硬変は非常に静かに進行する病気で症状が出にくいです。
しかし何かしらの不調を訴えるサインが出ている場合もあります。
そういったものを見逃さないで検査を受ければひどくならないうちに治療を開始する事が出来ます。
初期に出る症状の1つに腹痛があります。
これも部位によるので、肝臓のあたりが痛むようであれば検査の必要性が出てきます。
そしてこの病気にかかるひとの多くが痛みを初期の症状としてあげています。
痛み単独だけではまだわからない場合もあるので、他にも出やすいものと組み合わせて怪しければ診察を受ける事がベストです。
一般的に疲れている時に感じられる食欲不振や倦怠感やむくみなどがあらわれてくる場合もあります。
また男性が女性化してきたり逆の場合もあります。
他にも出血が止まりにくくなる場合もあります。
これだけ問題が出てくる場合があるので、きちんと理解しておく事が大事です。
腹痛は痛みが続くようであれば必ず検査を受ける事が大事です。

スポンサーリンク

腹痛が起きてしまう原因は肝機能の低下で胆汁が不足してしまうために起きます。
胆汁が不足してしまうと食べ物の消化が上手くいかなくてそのまま腸にあまり消化されていないものが流れていってしまいます。
そして栄養を吸収する前に便として出て行ってしまいます。
当然水分を含んだままの排出になってしまうので、肝硬変の初期には下痢の症状と腹痛が出るのです。
肝硬変はそのままにしておいて生活スタイルを改めないと肝臓がんになっていく確率が高い病気です。
そして初期の段階で効果的な治療を行っていけば進行を抑制させる事も出来るようになってきています。
また肝硬変の種類によっては高い治療効果があるものもあります。
入院による治療は非常に大変なものになってしまいますが、入院しないで治療が出来るものもありますから早めの発見が大事なのです。
病気のサインが出にくいですが、何か変調を感じた場合はすぐに診察を受ける事が大事になってきます。
消化しやすい高タンパクなものが食事の理想です。

スポンサーリンク