MENU

食事でタンパク質を摂取した場合の肝硬変への影響について等

スポンサーリンク

肝硬変とはその名の通りに肝臓に関わる疾患の事で、慢性的な肝炎の人等に発生する事が多いです。
慢性的な肝炎とは何等かの理由によって肝臓に炎症が発生して、肝臓の細胞が壊死と再生を繰り返すという疾患になります。
細胞の壊死と再生を何度も繰り返すと肝臓に大きな負担がかかり、その結果として肝臓が硬く小さくなる肝硬変が発生するのです。
つまり肝硬変とは一つの独立した疾患ではなく、肝臓の機能が低下した最終的な姿だと言う事が出来ます。
 そもそも肝炎が発生してしまう原因については複数あり、肝炎ウイルスへの感染や自己免疫異常等が代表的です。
特に肝炎ウイルスに感染する事で発症するケースが多く、B型肝炎やC型肝炎等の種類に分類されます。
 それ以外にも考えられる原因としてはアルコールの過剰摂取を長期間続ける、普段から服用している薬の影響等を挙げる事が出来ます。
これらの事に心当たりがある場合には、一度病院を受診して相談してみるのが望ましいです。

スポンサーリンク

 肝硬変が発生した場合に現われる症状についてですが、初期の段階ではほとんど自覚症状が現われないのが特徴となっています。
そのため初期の段階で発見するのが難しく、本人が異変に気付いた頃にはだいぶ進行している事も少なくないです。
本人が自覚する事が出来る症状としては、全身の倦怠感や脱力感、吐き気や腹痛等を挙げる事が出来ます。
 肝硬変の治療方法については薬物療法で症状の改善を行なう、普段の生活を見直して改善する等が挙げられます。
ちなみに普段の生活の見直しでは食事についても注目する必要があり、タンパク質を控える事が望ましいとされています。
 食事でタンパク質を摂取した場合の肝臓への影響については、アンモニアという物質が深く関わってきます。
アンモニアはタンパク質を摂取した際に代謝によって発生する物質で、血液中に発生する事になります。
このアンモニアは通常であれば肝臓で無毒化されるのですが、肝臓の機能が低下していると無毒化がスムーズにいかなくなります。
その影響で血中にアンモニアが増加する事になって、やがては肝性脳症という疾患が発生する可能性が出てきます。
そのため肝硬変の患者の食事については、極力タンパク質を控えたメニューにする必要があるのです。

スポンサーリンク