MENU

なぜ肝硬変になると腹水が溜まるのかの理由を解説します。

スポンサーリンク

肝硬変とはその名前からも分かるように肝臓の疾患で、慢性的な肝炎の人に発生しやすいとされています。
肝炎とは何等かの理由によって肝臓に炎症が起きるというもので、肝臓の細胞が壊死と再生を繰り返します。
この細胞の壊死と再生の繰り返しが何度も起きると肝臓に大きな負担がかかり、肝臓が硬く小さくなってしまいます。
これが肝硬変と呼ばれるもので、肝臓の機能が低下して最終的な状態になっている事を指します。
 肝炎が発生する原因は複数ありますが、代表的なものとしては肝炎ウイルスへの感染や自己免疫異常等が挙げられます。
特に肝炎ウイルスに感染する事で発症するケースが多く、B型肝炎やC型肝炎等の複数の種類が存在しています。
 それ以外にも普段からアルコールの過剰摂取を長期間続けていたり、服用している薬の影響等で発症してしまうケースもあります。
これらの原因に心当たりがある場合には、一度病院を受診して検査を受けておくのが望ましいです。

スポンサーリンク

 肝硬変が発生した場合に現われる症状については、初期の段階では現われにくく早期発見が難しいとされています。
ある程度まで進行してくると全身の倦怠感や脱力感、吐き気や嘔吐等の症状が現われてくる人もいます。
 上記した症状以外にも腹水が溜まるという症状が現われる事もあるのですが、なぜ腹水が溜まるのかについては複数の理由があります。
なぜ腹水が溜まるのかの一つ目の理由としては、血管内に水分を保持するのが難しくなる点が挙げられます。
肝臓の機能が低下する事で血中のアルブミンという物質が減少して、血中の浸透圧が低下して水分保持が出来なくなります。
 なぜ腹水が溜まるのかの二つ目の理由としては、水分が血中から組織内に押し出される事が挙げられます。
肝臓の機能が低下すると肝臓内では結節が出来たり、組織が線維化する等の現象が見られるようになります。
この組織の線維化等により血管が圧迫されて、血中の水分が血管の外へと押し出されてしまうのです。

スポンサーリンク