MENU

肝硬変による腹水や下痢の原因や治療について調べました

スポンサーリンク

肝硬変とは、肝臓の慢性疾患の終末像です。
原因として主にあげられるのが、B型やC型などの肝炎ウイルスやアルコールの長期多量摂取、自己免疫によるものです。
それらが原因でまず肝炎となり、慢性化すると長い経過を経て肝硬変へと移行します。
肝硬変となっても初期の代償期であれば、症状はほとんどなく肝臓の機能は維持されています。
病状が進行し、非代償期になると肝機能異常が出現し、様々な症状が出てきます。
症状の出始めは、全身倦怠感や食欲低下、吐き気程度であるので、そのまま放置してしまう人も多くいます。
次第に、黄疸やそれにともなう全身掻痒感、クモ状血管腫、腹水の貯留、便秘や下痢、食道静脈瘤、意識障害の起こる肝性脳症など、重篤な症状が出てきます。
静脈瘤の破裂や肝不全に陥ると、死に至ります。
どの症状も患者にとって苦痛なものばかりです。
実に様々な症状があるのですが、ここでは肝硬変にともなう腹水と下痢に焦点を当て、原因や治療法についてお話しします。

スポンサーリンク

肝臓の機能は主に、栄養素の代謝と貯蔵、毒性物質の解毒、胆汁の生成と排泄、血液凝固因子の産生があります。
人体が生命活動を維持するのに、なくてはならない大切な機能ばかりです。
肝硬変になると腹水が貯留する原因は主に2つあります。
まず、肝臓で作られる栄養素アルブミンが減り、血液中のアルブミン量が減ることで、膠質浸透圧が低下し、血液中の水分が血管外へ漏出すること。
2つ目に、肝臓の門脈圧が亢進するために、漿液が漏出すること。
他にも原因はありますが、大きな原因はこの2点になります。
次に下痢ですが、こちらも上記2つの理由により全身の浮腫が起こり、腸管も浮腫を起こし消化吸収が低下することが原因です。
また、消化を助ける胆汁の生成や排液が滞り、消化不良を起こしやすくなることも下痢になる原因になります。
腹水の治療は、安静にして肝臓や腎臓の血液量を上げることや、利尿剤の内服や注射、アルブミンの点滴などがあります。
腹水量が多く、吐き気や嘔吐、呼吸苦など患者の苦痛が大きい場合は、お腹を穿刺し水を抜くこともありますが、感染や血圧低下のリスクもある上にまたすぐに腹水が溜まるため、よほど苦痛な場合以外はあまり行われません。
下痢に対しては整腸剤を内服したり、脂肪分の摂取を控えるなど食事の工夫により改善をはかります。
肝臓で処理された毒性物質は便中にも排泄されているので、下痢を止める処置は行いません。

スポンサーリンク