MENU

腹水・黄疸などの症状がある肝硬変末期の余命はどれくらいなんでしょうか?

スポンサーリンク

アルコールの飲み過ぎや薬の影響、ウイルス、寄生虫などの感染症、自己免疫性など様々な原因が考えられるのが「肝硬変」です。
肝硬変の中期から末期にかけてあらわれる症状として黄疸(おうだん)があります。
黄疸とは、皮膚や目の白目の部分が黄色くくすむ症状のことを指します。
皮膚の場合は日焼けなどをしていると判別することが出来ないことも多いため、目で判断することが多いようです。
さらに、腹水がたまりお腹が膨れるように見える事があります。
腹水がたまり過ぎているという場合には、抜く処置をする必要がある場合もあります。
肝硬変の末期では、異常な精神状態となったり、意識がなくなってしまうことによって、昏睡状態になることもあります。

スポンサーリンク

肝硬変の末期症状が出ている場合には、余命宣告がある場合もあります。
宣告された余命は、症状によっても異なりますが、個人差もあります。
行うことが出来る治療法としては、対処療法や薬物治療、食事療法などがあります。
いずれも完治ではなく、延命を目的としている治療です。
肝臓の組織は一度ダメになると、回復は難しいとされています。
そのため、末期症状が出ている段階から回復するということは非常に難しいと言わざるを得ません。
しかし、絶対に回復することが出来ないというわけではありませんので、治療を続けるという選択をすることも出来るでしょう。
早期発見、早期治療が大切になりますので、日頃から自身の健康管理はしっかりと行うようにしましょう。

スポンサーリンク