MENU

手掌紅斑の原因と病院での対処方法

スポンサーリンク

手掌紅斑という病気があります。
手掌紅斑とはどのような病気となっているのかというと、これは手にひらがなにもしていないのに赤くなってしまうことになります。
とくに特徴的なのは、親指の付け根の膨らんだ部分に症状が現れることが多くなっています。
したがって手のひら全体が赤くなるということではありません。
特定の部分だけが赤くなってしまうというのが大きな特徴となっています。
なぜこのような症状が現れるのかという原因に関しては、肝臓の機能が低下しているということが考えられています。
何か病気などが原因となって肝臓の働きが悪くなっているというようなときには、女性ホルモンが増えてしまいます。
その結果血管が広がってしまうので、手のひらが赤く見えるというようになっています。
具体的には体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、手掌紅斑は肝臓が関係しているということで、明らかな症状が現れるようになっています。

スポンサーリンク

手のひらに赤い斑点のようなものを見ることができます。
これがこの病気の名前の由来となっています。
また全体的にこのような症状が現れるということではなく、周辺部分に多く見られるというように、特定の部分に現れることが多いです。
原因として考えられていることは肝臓の働きが悪くなることとなっていますが、この他には自己免疫に疾患があるという場合や、感染症や代謝性の疾患があるときにもこのような症状が現れます。
妊娠をしているときやアトピー性皮膚炎があるというようなときに、血管が広がって症状が現れることがあります。
したがってしっかりと確認するために病院を受診するようにします。
病院では検査が行われるようになっていますが、肝臓に疾患があるということが考えられるので、病院では血液検査が行われたり、肝臓のエコー検査などが行われるようになっています。
治療方法は肝臓に問題がある場合には、この部分の治療を行います。
お酒を控えてアルカリ性食品と水分を積極的に摂取します。

スポンサーリンク