MENU

肝硬変の原因の割合ってどうなっているの?

スポンサーリンク

肝硬変とはあらゆる慢性進行性肝疾患の終末像の状態を表しており、この進行はほぼ不可逆的です。
臨床的には、肝機能がある程度保たれている代償期と肝機能障害が進行した非代償期の分けられます。
代償期では症状をほとんど訴えることなく進行するのに対し、非代償期では、肝機能障害や門脈圧亢進症をきたし、様々な症状や合併症を呈します。
この主な症状としては、
「食欲不振、腹部膨満感、浮腫、黄疸、くも状血管腫、手掌紅班、腹壁静脈怒張、ばち指、女性化乳房、消化管出血、意識障害、異常行動、羽ばたき振戦、肝性口臭、発熱、腹痛・圧痛、腹膜刺激症状」などが見られます。
特に浮腫や黄疸などは典型的な症状であるため注意が必要です。
超音波検査などをすぐに受ける必要があります。

スポンサーリンク

肝硬変の原因にはいくつか挙げられますが、日本で一番割合が多いのが、肝炎ウイルスによる肝硬変です。
全体の80%を占めており、そのうち65%がC型15%がB型肝炎ウイルスによると言われています。
肝炎ウイルスは血液感染、性行為、母子感染などにより感染してしまうため注意が必要です。
日本で次に割合の大きい原因として、アルコールが挙げられます。
アルコールを大量に摂取することで、肝臓に多くの負担をかけてしまいます。
アルコールによる肝硬変は日本で10%程度にとどまっていますが、欧米ではかなりの割合80%を占めているようです。
その他の原因として、胆汁うっ滞性、自己免疫性、代謝性、うっ血性などがあります。
2度目になりますが、肝硬変は一度進行してしまうと、もうもとに戻すことは出来なくなるため、しっかりと予防をしましょう。
しっかりとした食生活や生活習慣を過ごすだけでも肝臓というのは元気になりますのでまずは規則正しい生活を送れるように少しずつ努力をしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク