MENU

肝硬変で発熱という症状が起こる原因や肝硬変の治療などについて

スポンサーリンク

肝硬変になると、食欲が悪化したり減少したりすることで皮膚が変色するという症状が現れることがあります。
また、発熱という症状を感じる人も多く、原因としては肝機能が低下したということが関係しています。
肝機能の低下で体内毒素の処理能力が低下することが原因で、免疫力も低下していきます。
場合によっては免疫力の低下によって発熱という症状が起こることが、頭痛や高熱という症状を引き起こす原因となります。
このときの発熱の原因は風邪ではなく肝硬変の影響なので、発熱を抑えるためには肝臓の異常を最初に治さなければいけません。
以上のように、肝機能が低下して免疫力が下がることが原因で発熱という症状が起こる場合があります。
また、肝硬変の末期に起こる主な症状としては、黄疸や腹水や虚脱感や発熱などがあります。
発熱などの症状は日常の様々な場面で起こり得ることなので重大な病気があっても気付かず、気づいたときは末期であるという場合も多いです。
しかし、現在では治療や検査による現状維持が可能になってきました。

スポンサーリンク

日本の肝硬変は肝炎ウィルスが原因として最も多いです。
次に多い原因がアルコールです。
肝硬変は血液検査や画像検査などの結果を総合的にみて、診断が下されます。
肝硬変の治療で大切なことは、今の病態を悪化させないで日常生活動作と生活の質を維持し、起こり得る合併症に早い段階で対応していくことです。
バランスの良い食事や禁酒や、十分な睡眠などに対する生活指導を受けます。
しかし病態の悪化で、肝機能障害などが強くなるか黄疸や腹水や意識障害などが現れたような場合には入院しなければいけません。
肝硬変自体に対する治療薬はありませんが、肝障害の重症度に合わせて胆汁酸製剤や肝臓抽出薬などの肝臓用薬を服用して静脈注射を併用します。
肝臓用の薬や静脈注射で、肝細胞の炎症や壊死を抑えます。
血液検査における肝臓に関する数値を基準値の2倍以内に近い値に維持することができると、肺がんを合併することを抑えて発がんを遅らせることが可能になります。

スポンサーリンク