MENU

肝硬変の鼻血の症状と原因

スポンサーリンク

肝硬変では、鼻血の症状が現れることがあります。
肝硬変で鼻血の症状が現れたときには、何が原因となっているのか気になります。
少しのことで鼻血が出たり、少しの傷なのに出血が止まらないというようなときには肝細胞の働きが低下していることが原因となっています。
肝硬変で鼻血の症状が見られるのは、肝細胞の働きが低下し、血液凝固因子の量が減少することが原因となって、出血傾向が見られるようになります。
したがって日常生活の中で良く鼻血が出るというような場合には、肝臓病が進んでいたり肝硬変のサインとして考えるようにします。
人間の身体の中で重要な臓器と考えられているのが肝臓になります。
肝臓は体を動かすためにエネルギーを作ったり血糖を調節するというようなことを行っています。
食事から摂取した蛋白質を身体の中で利用できる形へと変化させるという働きも行っています。
特に何かにぶつかったと言うことではないのに、皮膚に内出血の跡が残ることがあります。

スポンサーリンク

このほかに鼻血が出たり歯茎から出血するというような症状が見られることがあります。
このような症状が現れると、白血病の可能性があると考える人もいます。
耳鼻科や歯科を受診するという人もいますが、はっきりとした原因を特定することができません。
内出血や鼻血に関しては、肝臓の病気が関係していることが多くなっています。
代表的なものとして肝硬変がありますが、必ずしも肝臓の病気が関係していると言うことではありません。
しかし肝硬変になるとなぜ鼻血などの症状が現れるようになっているのかというと、出血を止めたり血液を固める働きが血小板にあり、肝臓は血小板を作るために必要な物質を合成しています。
しかし肝硬変が原因でこの物質の剛性が低下してしまいます。
その結果血小板の性精力が低下して鼻血などの症状が現れるのです。
すなわち血液が固まりにくくなるという症状が現れます。
肝臓の病気が進行してしまうと、内出血や歯茎からの出血が発生するようになっています。
肝臓の機能が低下すると、血小板が減り続ける原因となります。
したがって原因を取りのぞくために、肝臓に負担をかけない生活が必要となります。

スポンサーリンク