MENU

塩分を含む食事の肝硬変への影響や肝臓病への対処などについて

スポンサーリンク

肝硬変になって腹腔に水が溜まるという腹水やむくみが生じると、1日の塩分摂取量を3〜7gの間に抑えて塩分の少ない食事を取ることが大切です。
腹水の程度に合わせて、食事における塩分摂取量を具体的に決めます。
血清アルブミンが少なるなることや門脈圧亢進症が、むくみや腹水に影響を及ぼします。
食事などの塩分を制限するとかアルブミン製剤の点滴を打つとか、利尿剤を服用することなどによって治療します。
肝硬変の影響で、肝臓が硬くなります。
肝臓が硬くなることで膵臓や脾臓や胃腸から肝臓へ血液が入りにくくなって、門脈と呼ばれる太い血管の圧が上がるという影響を及ぼします。
これが門脈圧亢進症ですが、この状態で塩分が加わると静脈のうっ血に影響を及ぼします。
治療薬が進歩したことで、肝硬変患者に対して昔よりも細かい食事制限が少なくなりました。
また、食事制限のない患者も多いです。
しかし、塩分については控えなければいけません。
1日の塩分摂取量を7g以下にすることは、むくみや腹水の治療において欠かせません。

スポンサーリンク

肝硬変では病気の原因を取り除くために、肝移植が行われる場合があります。
健康な肝臓を移植すると、移植後に健康な人と同じような生活を送れる可能性が出てきます。
また、肝臓病には肝硬変の他に、肝細胞がんや急性肝炎や慢性肝炎といったものが存在します。
慢性肝炎には肥満の影響による脂肪肝や、薬剤性肝炎やアルコール性肝炎などがあります。
飲酒はアルコール性肝炎に影響を及ぼすので、原則として飲酒してはいけません。
また、菓子類や飲酒は脂肪肝に影響を及ぼすので、極力控える必要があります。
適正なエネルギー量でバランスの取れた食事を取ることが、肝臓病の食事療法になります。
肝硬変は、肝機能がある程度保たれた代償期と肝機能が低下した非代償期の2つの病期に分類されます。
肝硬変が進行して非代償期になると、肝臓内のグリコーゲン量が少なくなります。
寝る前に200kcal程度のパンやおにぎりや肝疾患用の栄養剤を摂取すると、起床時に糖が不足することを防げます。
ただし、軽食を食べなければいけないかどうかについて医師や栄養士に確認することが大切です。

スポンサーリンク