MENU

肝硬変は淡白(たんぱく)の食事が原因で悪化することがあるので注意!

スポンサーリンク

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれています。
したがってここで異常が発生してもなかなか自覚症状が現れにくくなっています。
病気が進行しなければ、症状が現れないようになっています。
その中で肝硬変という病気がありますが、ほかの肝臓病と比べると、食事療法も異なっています。
肝硬変の食事が気になるという人がいますが、病態によって食事療法が異なっています。
代償期という時期がありますが、これは重い症状が現れていない状態となります。
このときの食事療法は次のようになっています。
これは慢性肝炎と同じ食事療法の考え方となっています。
したがってアミノ酸製剤を補給することもあります。
便秘が原因となって症状が悪化することがあるので、便秘をしない食事が大切です。
そのために野菜や海藻や果物の摂取を心がけ、食物繊維の多い食事を用意します。
また症状が悪化することが原因で、味覚が鈍くなります。
したがって塩分やエネルギーの過剰摂取には注意が必要です。

スポンサーリンク

しかし肝硬変では、非代償期という時期もあります。
肝硬変の非代償期というのは次のような症状がある場合です。
それは腹水がたまったり肝性脳症を引き起こしているというような状態です。
肝硬変のこの時期には、蛋白質の摂取に注意が必要となります。
蛋白質の摂取が原因となって症状が変化するからです。
血液中のアンモニアが多くなることが原因で、意識障害が発生することがあります。
これを防ぐために蛋白質を食事の中で制限する必要があります。
不足する蛋白質に関しては、アミノ酸製剤で補うという形となります。
また蛋白質制限をしっかりと行うために、原因となる蛋白質を減らしたご飯や小麦粉や麺類などを利用するという方法もあります。
肝硬変を発症しているときに、便秘が原因となって肝性脳症を引き起こしやすくなります。
したがって食物繊維を摂取するように心がけます。
肝硬変の際の食事の基本は、適量のエネルギーと蛋白質の摂取となります。
同時に脂肪を控えることも大切です。
これで原因を取りのぞくことができます。

スポンサーリンク