MENU

肝硬変の末期と吐血について

スポンサーリンク

肝硬変は非常に恐ろしい病気となっています。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていますが、体に何か症状が現れたときには末期の状態になっていると考えることができます。
したがって健康診断を受けて早期に異常を発見する必要があります。
肝硬変という病気がありますが、これは高齢者に多く見られます。
肝硬変とはどのような病気となっているのかというと、これは肝炎やアルコールをたくさん摂取したり薬物などが原因となって、肝臓が炎症を引き起こすということから始まるようになっています。
自覚症状がないまま進行し、最終的には肝臓が小さく岩のようになるという末期の状態になります。
肝硬変は重症化しやすい病気となっています。
気がついたときには手遅れで、末期の状態となっていることもあるので、しっかりと特徴を把握しておくことが必要です。
肝硬変の末期の症状は次のようになっています。
まずは末期症状として黄疸が見られるようになっています。
これはビリルビンという血液の中に含まれる細胞の働きが関係しています。

スポンサーリンク

本来はしっかりと処理されるようになっていますが、肝硬変では機能が低下するので、血液の中にたくさん残って黄疸が見られます。
このほかに吐血をすることもあります。
吐血に関しても肝臓の機能が低下していることが原因です。
食道動脈瘤の破裂によって、消化器官から大量出血するようになっています。
これが吐血の大きな原因となっています。
肝硬変を発症しているという人は、死因が肝硬変以外のことが多くなっています。
その代表的なものが肝臓癌や肝不全、大量出血による吐血となります。
吐血をするということはかなり末期の症状と判断することができます。
このように末期には吐血をすることがあるという恐ろしい病気ですが、治療方法が気になります。
現在の医学では完治させることができませんが、吐血などの症状を和らげる方法はあります。
初期の段階では食事療法が効果的です。
しかし末期になると入院が必要になり、服薬治療が行われています。
肝臓移植という方法もあります。

スポンサーリンク