MENU

肝硬変における吐血や様々な症状の原因などについて

スポンサーリンク

肝硬変は、色々な原因によって肝細胞に炎症が起こったり壊死したりすることで、肝臓が硬くなったり縮小したりする病気です。
肝臓だけではなく、全身に症状が起こります。
肝硬変の悪化によって食道に瘤ができると、吐血する場合があります。
吐血した場合は病状がかなりの重症であることが少なくないので、完治が困難になります。
ところが肝硬変は時間をかけて少しずつ進行していくので多くの場合に自覚症状がなく、瘤が何かのきっかけで破裂して吐血することで初めて病気に気が付くことも少なくありません。
食道粘膜の下にある静脈の壁が膨れて、血管が瘤のようになる病気を食道静脈瘤といいます。
吐血症状が起こる食道静脈瘤のような大変な病気を引き起こさないために、肝硬変をきちんと治療しなければいけません。
肝硬変を発症する原因として特に多いのが肝炎ウィルスで、次に多い原因がアルコールです。
肝硬変では血液が通りにくくなって肝静脈や門脈が塞がったり狭くなったりすることが原因で、肝臓を通る腸や胃の血液が違う経路を通って心臓に戻ろうとします。

スポンサーリンク

血液が胃や食道の粘膜下層の静脈を通って心臓に戻ろうとして血液が溜まってしまうことが原因で、食道静脈瘤や胃静脈瘤が起こります。
毎日通る血液によって静脈瘤に負担がかかると、出血が起こるので吐血してしまいます。
また、吐血する前の初期段階においては頭痛や吐き気や全身倦怠感や尿の色が濃くなるといった症状が起こります。
ただし、これらは肝硬変にのみ起こる症状ではないので、他の病気が原因である可能性もあります。
吐血のような症状が起こるまでに、病気を防げると良いです。
中には会社の健康診断によって肝硬変が偶然発見されるケースも少なくないので、定期的に健康診断や人間ドッグを受けたり体に異常を感じた場合に病院へ行ったりすることがとても大切です。
顔などが浅黒くなるとか食欲がないとか、倦怠感や疲労感や体重減少といった症状がないかどうか日頃から観察する必要があります。
肝硬変の患者は肝機能が低下してメラニンが増殖することが原因で、手足や顔面といった部分が太陽の光にさらされると浅黒くなります。

スポンサーリンク