MENU

ca19-9における肝硬変時の数値について

スポンサーリンク

ca19-9は消化器系の腫瘍マーカーとして有名です。
注意事項としては、早期癌での陽性率が低くスクリーニングには不適で、治療再発のモニターとして有効です。
ca19-9は人の膵管、胆嚢や胆管、気管支腺、唾液腺、胃や大腸、男性の前立腺や女性の子宮内膜に局在して、これらが癌化してしまうと大量に産生されてしまいます。
特に比率として、膵癌・胆管癌・胆嚢癌では80〜90%、胃癌や大腸癌では30〜50%が異常な数値の陽性率を示す事により、消化器系の癌腫瘍マーカーや肝硬変等の補助検査手段としても利用されます。
胆嚢ポリープや胆石では数値が基準値内を示しますが、胆管炎を併発した場合や急性や慢性膵炎、胃炎、急性や慢性肝炎、肝硬変などの良性疾患においても異常数値を示すことがあります。
肝硬変等においてはca19-9だけではなく臨床所見もふまえて総合的に判読する必要があります。
また溶連菌感染症時や慢性胃炎用のスクラルファートの内服時においては、一過性の異常な数値の高値を示す事があるので事前の注意が必要です。
血液検査に加えて、腹部エコーやCTやMRIを用いる事によって各臓器の現状(肝硬変や胆嚢上の状況)を加えて検査されるます。

スポンサーリンク

ca19-9は、血清中のシアリルLea抗原を測定する検査法で、腫瘍マーカーの一つとなっていますが、これだけの数値で判断されるわけではありません。
肝硬変などの検査時や消化器癌(特に膵臓や胆嚢癌など)でca19-9は陽性率が高い為に、診断補助として有効とされ、大腸がんや肺癌、乳癌でも陽性を示すので、CEAやAFPなどのマーカーなどと併用されて検査されます。
抗がん剤治療時の効果や再発のモニターとしてもca19-9は使用されています。
基準の数値としては、37U/ml以下が基準値となっています。
37U/ml以上の数値を示した場合は異常とみなされます。
37〜50の軽度上昇時は膵炎や胆石症、肝炎や肝硬変、子宮内膜症や子宮筋腫、50〜100は中等度上昇と考えられ、肝硬変や肝炎、膵癌や胆道癌、胃癌や大腸癌などが考えられます。
100以上の場合は高度上昇と考えられ、進行性の肺癌や卵巣癌、胃癌や大腸癌などが考えられます。
ただし気管支拡張症や溶連菌感染症の場合はca19-9が高値を示す事もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク