MENU

肝硬変はストレスが原因で発症することもある?

スポンサーリンク

日本では肝硬変の原因の約80%は肝炎ウイルスに感染することです。
肝炎ウイルスの中でもC型肝炎ウイルスが原因で発症する場合が約65%、B型肝炎ウイルスが原因で発症する場合が約15%です。
また、アルコールが原因と思われていた肝硬変患者の半数以上からC型肝炎ウイルスが発見されたことから、現在ではアルコールのみが原因で肝硬変を発症するのは全体の約10〜15%とされています。
体にストレスがかかると自律神経が乱れるので血流が悪化し、肝臓に流れる血液量が低下します。
すると、酵素やエネルギーが不足するようになるので肝臓に大きな負担がかかります。
その結果、肝臓の状態が悪化するので肝炎などを発症している場合は症状が悪化して肝硬変に進行しやすくなります。
つまり、ストレスが原因で肝硬変を発症することもあるのです。
また、ストレスが溜まると免疫力が低下するので肝炎ウイルスが活発に活動するようになりますが、このことも肝硬変を発症する原因の一つになります。

スポンサーリンク

肝硬変を予防するにはなるべくストレスを溜めないようにすることが大切ですが、そのためには夢中になれる趣味を見つけたり、適度な運動をしたりして適度にストレスを発散することが有効です。
また、仕事中は忙しくてもプライベートではリラックスできる時間をつくるなどしてメリハリのある生活を送るようにしたり、人間関係の悩みはいつまでも引きずらないようにしたりすることも有効なストレス解消法です。
また、早く痩せたいという思いから過度のダイエットをするとストレスの原因になるので、ダイエットをする場合は無理をせずに長期的に行うようにすることも大切です。
肝臓病の症状はなかなか現れにくいので、気付かないうちに症状が進行して肝硬変を発症するということは少なくありません。
そのため、最低でも1年に1回は血液検査を受けて肝臓の状態をチェックすることが大切です。
特に肝炎ウイルスキャリアや飲酒量の多い人、糖尿病や脂肪肝の人などは肝臓病の発症リスクが高いので注意が必要です。

スポンサーリンク