MENU

感染性の病気が原因になる事もある肝硬変!

スポンサーリンク

肝硬変とはその名前からも分かるように肝臓に関わる疾患で、その原因に関してはあらゆる事柄を挙げる事が出来ます。
この疾患は特定の原因によって発症するというのではなく、複数の原因や要因等が絡み合う事で発症する事が多いとされています。
 例えばアルコールの過剰摂取等の要因や、普段から服用している薬の影響等が原因となって発症してしまうのです。
また肝硬変は感染性の病気が原因となって発症する事も多く、その原因となる感染性の病気として肝炎が挙げられます。
 肝炎とはその名の通りに肝臓に炎症が起きてしまうという病気ですが、肝炎ウイルスに感染する事で発症してしまいます。
この感染性の病気である肝炎が慢性化してしまうと、肝臓に負担がかかって肝硬変へと悪化してしまうのです。
肝硬変の原因の中でも特に感染性の病気である肝炎が影響を及ぼすケースが多く、全体の半数以上に影響を与えています。
 ちなみにこの疾患に影響を与える感染性の病気は肝炎ウイルス以外にも、寄生虫への感染による病気等が影響を与える事も少なくないです。

スポンサーリンク

 肝硬変を発症した場合に現れる症状については全身の倦怠感や脱力感、尿の色が通常よりも濃くなる等が挙げられます。
それ以外にも吐き気や腹痛、腹部の膨満感等といった消化器系の症状が現れるというケースも少なくないです。
 ただ肝硬変は初期の段階ではあまり自覚症状がないため、早期発見をするのが難しい疾患となっています。
そのため早期発見を可能にするには、普段から定期的に検査を受ける習慣を身に付ける事が大切だと言えます。
 肝硬変の治療方法に関しては生活指導や薬物療法、肝臓の移植手術等が用いられる事が多いとされています。
薬物療法についてはこの疾患に対する特効薬がないため、肝臓の炎症を鎮める作用のある薬等が投与される事が多いです。
 肝臓の移植手術は状態がかなり悪化している場合に用いられる方法で、医師が患者の状態を確認しつつ判断する事になります。
しかし肝臓の移植をするべきと判断されても、移植するべき肝臓が入手出来ないケースも多く実際に手術を行うのは難しい場合も多いです。

スポンサーリンク