MENU

肝硬変の原因は喫煙やタバコの場合ってあるの?

スポンサーリンク

肝硬変という病気があります。
これは肝臓の機能が低下していると言うことで、お酒などのアルコールが原因となっていると考えている人も少なくありません。
しかし肝硬変の原因として、タバコなどの喫煙が大きな原因となっていることもあります。
タバコはさまざまな病気を引き起こすと考えられています。
しかし世界中で喫煙をしている人が多くなっています。
タバコなどの喫煙はアルコールの大量摂取と言うほど影響力はありませんが、アルコール性やウイルス性の両方の肝硬変の症状を進行させると言うことがわかっています。
したがって肝硬変を予防するためには、タバコなどの喫煙を控えることが必要になります。
肝硬変と喫煙などタバコのメカニズムは明らかにされていませんが、タバコなどの喫煙によって活性酸素が増加し、それが細胞を傷つけると言うことが肝硬変の原因と考えられています。
肝硬変とは、何らかの原因で肝細胞が壊れ、肝臓が硬くなることが原因で発症するようになっています。

スポンサーリンク

肝硬変になると肝細胞が減少し、健康な肝細胞まで影響を及ぼすので、血液からしっかりと酸素や栄養素の供給を受けることができなくなってしまいます。
したがって肝臓の機能が低下してしまうのです。
繊維が増加して固くなるので、肝臓全体に血液が行き渡らなくなり、血液の循環障害が発生するようになっています。
タバコなどの喫煙が原因となることもありますが、多くはアルコールの大量摂取が原因と考えられています。
タバコは肝硬変だけではなくほかの病気にも大きな影響を与えています。
とくに消化器系の病気に大きな影響があります。
慢性咽頭炎や逆流性食道炎の原因となることもあります。
喫煙だけが必ずしも関係していると言うことではありませんが、ニコチンやタールという有害物質が、人間の体にさまざまな悪影響を与えることがわかっています。
喫煙習慣が長ければそれだけ肝臓に与える負担が大きくなってしまいます。
その結果肝臓の病気を発症させてしまいます。

スポンサーリンク