MENU

肝硬変の末期から回復する為の必要な事

スポンサーリンク

結論から言えば、悪くなってしまった肝臓は、元通りにはならないのです。
でも、肝臓は栄養を代謝する為の臓器で、解毒作用もあります。
99パーセントが癌細胞にやられてしまっても、残った1パーセントの肝臓は正しく機能します。
なので、末期からの回復は難しくても、肝硬変に良くないお酒をやめて、風邪などのウィルスに感染しないようにして、身体を労る事が大事な事です。
肝硬変になっても、諦めない事が元通りに回復しなくても、末期症状が出ない様にする第一歩です。
食事もタンパク質を多めにして、消化の良いものを食べる様にして、なるべく身体を疲れさせない様に睡眠時間をたくさんとる事です。定期的に病院で診察して、症状を重くしない事です。

スポンサーリンク

肝硬変は、肝硬変そのものより、身体の抵抗力が落ちる事や消化器系にダメージを受ける事が多いです。
肝臓癌や肝不全、消化器系だと食道静脈瘤です。
食道静脈瘤は大きくなると破裂してしまうので、肝臓だけではなく、食道静脈瘤の検査もしたほうが良いです。
胃カメラと同じ様な事をしながら、静脈瘤を潰して破裂するのを阻止します。
肝硬変の特効薬は無いですけど、肝臓の壊死や炎症を抑える薬ならあるので、きちんと診てもらい薬を処方してもらえば、癌や肝不全の発症を遅らせる事が出来るのです。
腹水が溜まって苦しい時も、利尿剤を使う事で楽になります。
肝臓は沈黙の臓器と言われているだけあって、自覚症状が出にくいので、普段から気をつける事が大事です。

スポンサーリンク