MENU

肝硬変の時に出来るリハビリとは?

スポンサーリンク

肝硬変になることで、筋肉量が落ちるということが多いです。
また、寝たきりの生活をおくると言うこともあるかと思います。
もちろん、これは肝硬変の症状によって異なるのですが、肝硬変のリハビリとしてはどのようなものがあるのか、いくつか紹介をしていきたいと思います。
まず、肝硬変で運動によるリハビリを行うという事に触れると、比較的に軽度な症状な方であると言うと、黄疸や腹水が見られないというのが、基本的に条件となっていきます。
それ以外ですと、安静にするというのがほとんどになると思います。
比較的にけいどであれば、ウォーキングやサイクリングといった体に負担の少ない運動を行うことが筋肉量の低下、むくみに関しての予防に非常に役に立ちます。

スポンサーリンク

また運動以外にも出来ることとしては、これは、座って出来るものでもあるのですが、肩を上げたり下げたりといったことを行う。
また腕を挙げなくても構わないので、拳を下側にして手を腕を回すと言う方法、他にも椅子に座った状態で、足をあげたり、下げたり、と行ったことがむくみの改善、緩和につながるので、オススメです。
血流、血行を改善することで特に、むくみやすい足の症状というのは改善していきますので試してみて下さい。
しかし、このリハビリに関しては、やはり医師の承諾を得てから行うようにしてください。
自分では大丈夫と言う考えで症状が悪化するということも可能性としては否定はできませんので、医師にどれくらいの行動なら出来るのか、しっかりと綿密に打ち合わせをしてから行うようにしてください。

スポンサーリンク