MENU

肝硬変による「足の痛み」の原因は?

スポンサーリンク

肝硬変は非常につらい病気のひとつです。
肝硬変になると体の腰や背中が痛くなるという症状が起こることが多いのですが、「足に痛み」を起こすことがあります。
今回はなぜ肝硬変により足に痛みがおこるのかについて説明をしたいと思います。
この場合には、肝硬変の進行も関わってくるのですが、原因としては、肝機能が非常に低下していると言うことがいえます。
また、肝硬変の進行があまりにも進んでいる場合や、肝臓がんになっているという場合にこのような症状を起こすことが多いです。
肝臓の機能が低下すると、栄養の吸収も共に低下していきます。
これによって、栄養不足を起こすということになります。
栄養の吸収が低下することで、体にむくみが起こります。
また血行自体も悪くなります。

スポンサーリンク

血行が悪くなることで一番症状を起こすのが「足」なんです。
そのため、この症状が続くと足が変色を起こし始め、足がパンパンにむくみ出していきます。
また足が頻繁につりだしたり、痛みが起こるようでしたら肝硬変の可能性が高くなって来ています。
そのため、栄養の吸収をよくするために、食事は1度に食べるのではなく、数回に分けて時間をかけて食べるようにしてください。
これだけでも栄養の吸収が良くなります。
また、足を締め付けるような靴や靴下を履くことはしないようにしてください。
そして足のマッサージや、足を高くすることでむくみの改善が出来ます。
これにより、足がつったり、痛みを起こすということを緩和出来ますのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク