MENU

20代や30代の若年層に肝硬変が広がっている原因

スポンサーリンク

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれる重要な器官であり、エネルギー代謝や薬物代謝などにおいて中心的な役割を果たします。
その重要性が高いからこそ、多少の機能低下があったとしても自覚症状が出てしまうことは稀であり、手術などで一部を切り取ってしまったとしても生活していくことができます。
しかし、裏を返せば肝臓に疾患を持ってしまってもそれが重篤な事態になるまでは自覚症状として気付くことが難しいという面があります。
肝臓の疾患として肝硬変は最もよく知られているものの一つですが、たとえ肝硬変になったとしても血液検査などの適切な検査を行っていないかぎりは、自分の肝臓が悪いということに気付くことができないことも多々あります。
肝臓というのは「再生能力」や「代償能力」が非常にずば抜けている臓器でもあるので、このことにより肝臓の異常になかなか気づきにくいという事があります。

スポンサーリンク

肝硬変は若年化が進んでいることが問題となっており、30代はおろか20代であっても発症するリスクがあります。
その発症の原因となる要因は多く、喫煙や飲酒がリスクとなりますが、食生活や肥満などが問題にもなります。
こういった要因が複合的に作用して肝硬変を引き起こすことが多いのが実情です。
20代や30代といった若年層でも発症するリスクが高まっているのは食生活の欧米化によって高カロリー食が中心となったことや運動習慣の少ない社会人が増えたこと、激しい飲酒の慣習などが原因であると言われています。
肝臓の異常に原因で13%はアルコールが原因とわが国でわ入れています。
特に普段から大量のアルコールを摂取することが日常となっている方はアルコール性の肝硬変になることが多いという事があります。
こういった方は生活習慣の面を整えていくことによって予防が可能です。
肝硬変は不可逆な変化であることから治療にもまして予防が大切となるでしょう。
生活習慣を変えるというのは非常に強い意志がありますが、自己の命を守るためにもしっかりと取り組むようにしてください。

スポンサーリンク