MENU

黄疸が数少ない症状となる肝硬変とその原因となる脂肪肝

スポンサーリンク

肝臓の疾患における末期的な状況が肝硬変であり、線維化が進んでしまってもう二度と元の状態には戻らないと言われています。

 

その根本的治療を行うことは現代の発達した医療でも困難であり、進行を食い止めるための食事療法や運動療法を実施していくのが基本となっています。

 

肝臓は人が生きていくために不可欠な臓器であることもあり、その重要性の高さから多少の機能低下が見られただけでは自覚症状が出てきません。

 

比較的初期からみることができる数少ない症状が黄疸であり、顔が黄色くなっている様子をみて肝臓の機能が低下しているという判断をすることが可能です。

 

その時点において既に肝硬変が進んでしまっていることも多く、迅速な治療への取り組みが大切です。

スポンサーリンク

肝硬変の原因となっているものには多様なものがありますが、その多くは基本的な生活習慣に由来していると考えられています。

 

現代においては脂肪肝から移行するケースが多いため、脂肪肝の予防をするということが肝硬変の予防の基本的な方針となっています。

 

脂肪肝となって肝臓の機能が一部だけ低下した状況であっても黄疸が生じることも多く、この時点で治療を始めることができれば肝臓の機能を回復させることが可能です。

 

脂肪肝の原因となっていることが多いのは高脂肪食や過剰なカロリー摂取、肥満、運動不足といったものであり、アルコールの摂取や喫煙習慣も肝臓に悪影響を及ぼします。

 

こういった点を改善していくことによって予防や治療を実現できるでしょう。

スポンサーリンク