MENU

肝硬変患者の食事療法における献立の注意点

スポンサーリンク

肝臓を悪くしてしまうと食欲がなくなってしまうのが一般的です。

 

初期には自覚症状を伴わないことが多いものの、その進行によってあまり意識しないうちに少しずつ症状が出てくるのが肝機能障害です。

 

食欲不振や疲労感の蓄積といったものがその典型的な症状であり、肝硬変ともなるとそれがはっきりと自覚されるようになってきます。

 

肝臓は糖、タンパク質、脂質などの生体構成成分の代謝や胆汁の生成と分泌、薬物や外敵に対する解毒などの様々な仕事を行っています。

 

こういった機能が低下してしまうことによって疲れやすくなったり、食欲を失ってしまったりします。

 

食欲を失ってしまっているとはいえ、その治療において食事療法は重要な役割を果たします。

 

スポンサーリンク

肝硬変になってしまった患者の食事療法では献立の立て方に十分な配慮が必要です。

 

以前は糖質とタンパク質を中心として脂質を控えたものが良いとされていましたが、現在ではバランスが取れていることと、摂取するエネルギー量が適切であることが重要とされています。

 

過剰の栄養を与えてしまうことによってその代謝を行う必要が生じるため、それによって肝臓に余計に負担がかかることがわかってきたからです。

 

そのため、肝硬変患者の献立を立てる際には、患者の年齢や体重、運動量などを考慮してエネルギーが過剰にならないように三食のバランスを整えることが大切になります。

 

しかし、腹水や肝性脳症などの重篤な症状がある場合には塩分制限やタンパク質制限を行う必要があることには注意が必要です。

スポンサーリンク