MENU

末期肝硬変に進行させずに治る割合が多い段階で進行を止める大切さ

スポンサーリンク

肝臓は人の生理機能において多岐にわたる役割を果たしており、その機能が健康やひいては生命を維持するために欠かせません。

 

そのため、多少の機能障害が起こったとしても代償できる機能があるのが肝臓であり、肝炎になったとしても適切な治療を行っていけば元々の機能を取り戻すことができます。

 

物理的なダメージに対しても高い修復能力を持っています。

 

そのため、多くの肝臓の疾患は治るものであり、しっかりとした治療への取り組みを行っていけば治る割合は決して小さくありません。

 

しかし、肝障害が肝硬変に進行してしまうとその肝臓の変化は不可逆なものとなって治る割合は著しく低下します。

 

そのため、肝臓の疾患においては肝硬変に移行する前に治すということが大切になります。

 

スポンサーリンク

肝臓は機能が低下しても代償する機能があるために肝硬変になっても初期にはそれほど苦しい自覚症状を伴わないこともあります。

 

しかし、肝障害を進行させてしまって末期ともなると重篤な合併症を引き起こすことになり、それによって苦しい闘病生活にならざるをえないのも事実です。

 

そのため、もし肝硬変になってしまったときにはその進行を食い止めていく意識を持ち、末期にまで進行させないということが大切になります。

 

肝硬変の移行やその進行を止める際には基本となっている原因に応じた生活習慣の改善やウイルスなどの除去が重要になり、そういった形で日々取り組みを行っていくことが欠かせません。

 

しかし、そうすることによって生活の質を低下させずに暮らしていくことができるようになります。

スポンサーリンク