MENU

足の痛みが出始めると肝硬変が進んでいる可能性があります

スポンサーリンク

肝硬変になる原因にはアルコールの過剰摂取やウィルス感染があります。

 

どちらにしろ非常に辛い病気で、なかなか完治しないことで有名です。

 

特に普段の食生活の改善が必要で、肝硬変の進行具合によってメニューなどを変える必要があります。

 

基本的には糖分やタンパク質やカロリーが高い食べ物は避けることになります。

 

かといって低脂肪の食べ物だけを食べてもいけないので、病院の管理栄養士などの指導を受ける必要があります。

 

肝硬変の患者が守るべき食生活とは、決まった時間に食事をするということです。

 

またできるだけ熱い物を食べることも大事です。

 

消化機能が衰えているので、1回の分量を少くして、その分回数を増やすなどの工夫が必要です。

 

スポンサーリンク

肝硬変になると背中や腰が痛くなるのですが、足の痛みが出ることがあります。

 

足の痛みは病状がかなり進行していると考えられます。

 

肝機能がかなり低下すると足の痛みが強くなる傾向があります。

 

また肝臓がんなどにかかっている場合も足の痛みが強くなります。

 

なぜかというと、肝臓の機能が低下すると栄養の吸収ができなくなります。

 

これによって栄養不足になり、身体がむくんできます。

 

そうなると血行障害が起こって足に痛みが出るわけです。

 

足というのは血行障害が起こった時に痛みが出やすい箇所なのです。

 

また足を頻繁につるようになると、肝硬変の疑いがあります。

 

対策としてはまず医師の診察を受けることですが、食事などは少量にして数回に分けて食べるようにすると、栄養の吸収力が高まって足の痛みもなくなります。

スポンサーリンク