MENU

全身の倦怠感等の症状が現われる肝硬変について

スポンサーリンク

肝硬変とはその名からも分かる通り肝臓に発生する疾患の一種で、慢性的な肝炎が更に進行した状態の事を言います。

 

何等かの理由によって肝臓に炎症が起こると、そのせいで肝臓の細胞が壊死と再生を繰り返します。

 

その結果として肝臓の血管系の組織等の破壊が起こり、肝臓が小さく硬くなってしまうという疾患です。

 

この肝臓が通常よりも硬く変化するという特徴が、そのまま病名の由来となっています。

 

 肝硬変が起こる原因は様々ですが、代表的なものとしてはアルコールの過剰摂取、何等かの感染症への感染等が挙げられます。

 

特に感染症によって発症するケースが多く、中でも肝炎ウイルスに感染する事で発症するパターンが大半を占めます。

 

日本ではこのウイルス感染による発症が、患者全体の原因の半数以上を占めるとも言われています。

 

スポンサーリンク

 肝硬変になった場合に現われる症状としては全身の倦怠感や脱力感、嘔吐や腹痛等といった様々なものが挙げられます。
全身の倦怠感等の症状が出てからも放置を続けると、やがては黄疸や吐血、昏睡等にまで発展してしまう事もあります。

 

 そのため出来るだけ早く気付いて、ひどく進行してしまう前に治療を開始する事が大切になります。

 

ただ肝硬変は初期の段階では自覚症状が出にくい事でも有名なので、早めに発見するためには定期的に肝臓の検査を受けるのが良いです。

 

 肝硬変になった場合の治療方法としては薬物療法がありますが、この疾患を根本的に治療する薬は現在のところないです。
そのため肝臓の細胞の炎症等を抑制する薬や、肝臓の機能をサポートする薬等が処方されます。

 

 薬物療法以外の治療方法については生活習慣や食生活の指導、肝臓そのものの移植手術等が挙げられます。

スポンサーリンク