MENU

末期で強まる痛み!肝硬変での肝臓周辺の痛みとは?

スポンサーリンク

アルコールの摂取や喫煙、高脂肪食などの生活習慣や肝炎ウイルスへの感染など、様々な原因から肝障害が生じてしまうことが知られています。

 

その初期においては目立った自覚症状がないものの、早期に発見して原因を取り除く治療を行うことができれば失われた肝機能を回復させることができます。

 

しかし、自覚症状がないがために進行させてしまいがちなのが肝障害であり、それが肝硬変に移行してしまうと肝機能の回復は困難になります。

 

そして、末期が近づくにつれて様々な自覚症状が生じてきてしまうため、徐々に生活の質が低下していくことになってしまうことは否めません。

 

末期になる前にできるだけ早く進行を食い止めることが治療の上で大切になります。

 

スポンサーリンク

肝機能の低下は血液検査によってはっきりと見て取ることができるようになりますが、定期的な検査を行っていない場合には自覚症状に頼るしかありません。

 

肝障害となってしまった人の多くや、肝硬変になった人の大多数が訴える自覚症状の一つに肝臓周辺の痛みがあります。

 

痛みは健康状態が揺らいでいることの警笛として一般的に捉えることが大切であり、慢性的な痛みがある場合にはできるだけ早く医師を受診して検査を行ってもらうと良いでしょう。

 

こういった肝臓周辺の痛みは肝障害が進行するにつれてはっきりとしてくることが多いため、始めは気に留めなかった人も徐々に痛みが気になってくるようになります。

 

それに気づいたときには速やかに検査を行い、その状況に応じた治療を行っていくことが大切です。

スポンサーリンク