MENU

嘔吐のある食欲不振が症状として表れる末期の肝硬変とその食事療法

スポンサーリンク

肝臓の機能が低下することによって徐々に自覚症状が生じてきますが、大きな低下が生じるまではあまり自覚されないことも珍しくありません。

 

しかし、肝障害の末期的な状況とも言える肝硬変ともなってしまった場合には自覚症状が必ず付随してきます。

 

最も顕著なのが食欲不振と倦怠感であり、食べる気力も湧かずに疲れも溜まってしまった状態が続いて無気力になってしまう患者も少なくありません。

 

肝硬変になってしまうと治ることはないということもそういった無気力さに拍車をかけてしまうことになりがちです。

 

しかし、こういった症状は基本的には初期のものであり、うまくコントロールを行いながら生活をしていくことによって進行を食い止めていくことが可能です。

 

スポンサーリンク

肝硬変になると食欲不振が問題になりますが、そうでありながらも嘔吐がよく症状として生じます。

 

肝硬変によって肝臓の機能の低下が生じることにより胃腸の機能にも乱れが生じてしまっているからであり、食べたくないのを頑張って食べて、それでも嘔吐してしまうという状況になる場合もあります。

 

末期患者になるとそういった傾向も県庁になりがちですが、必要な栄養とエネルギーを食事から摂取していかなければ生活の質は低下する一方になってしまいます。

 

そのため、治療の基本となる食事療法においては患者が好んで食べられる献立を選びながら、バランスのとれた食事を提供するということが必要になり、患者の好みを知っている家族の力が大切になります。

スポンサーリンク