MENU

肝硬変と腎不全を併発した時の余命は

スポンサーリンク

腎不全は肝硬変が末期になると併発しやすい病気です。

 

そのため、余命宣告される段階になると、腎不全も一緒に医師から宣告されることが多いです。

 

肝臓と腎臓というのは、密接な関係があり、肝機能が低下すると血流が悪くなってしまいます。

 

その血流が悪くなることで腎臓に影響を及ぼしてしまうのです。

 

肝硬変というのは肝臓の病気の中でも重いものであり、腎不全を引き起こすレベルん位まで肝臓の状態が悪くなってしまっているということが言えます。

 

そのため、肝硬変の末期状態で余命宣告がされているのであれば、腎不全の宣告をされるのも覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

このような合併症を起こしている場合に関しては、余命は1週間から1か月程度と考えておきましょう。

 

スポンサーリンク

肝硬変の合併症に関しては、血流が悪くなることが原因であるので腎臓に限らず、様々な臓器に悪影響を及ぼします。

 

その例として挙げられるのが、食道静脈瘤や肝性脳症です。

 

肝硬変に関しては、早い段階で治療を行うことで症状を軽くすることが可能な病気であり、その自覚症状に関しては、日頃から疲れやすくなって物事に集中することが出来ない、やる気が出ないなどといったものや吐血などといった症状があります。

 

それに加えて肝臓周辺に違和感を感じるといった症状もあるので、このような症状がある場合には病院を受診するようにしましょう。

 

症状が無い代償期という時期がこの病気にはあり、この時期は自分では気づくことは難しいので、毎年の健康診断はしっかり受けるようにしましょう。

スポンサーリンク